通常バジル。
(クリックで各バジル拡大)

もふもふ毛布に包まれている。
とても あたたかそうだ。

通常バジル
気付いたバジル

どうやら こちらに気付いたようだ。

こちらを じっと見ている。

うめぼしバジル
なかまバジル

なかまに なりたそうに こちらを みている。

なかまに くわえますか?
 ∵ はい
   いいえ

バジルの こころの声が聞こえる……。

「どうしても なかまに なりたいのにゃ!」

こころの声バジル
やくそくバジル

バジルは いう。

「バジルは世界一の勇者ネコになりたいのにゃ」
「そう やくそく したのにゃ……」

誰と やくそく したのだろうか?

「話は はるか むかしに さかのぼるにゃ……」

「そう、それは キミがはじめて 先生を おかあさんと呼んでしまったときのことにゃ……」

さかのぼるバジル
語るバジル

話は長くなりそうだ。
はやく悪い やからをたおして、報酬の『でんせつのうめぼし』をもらいに行こう。

「ちょ、ちょっと! どこに行くのにゃ!?」

あ。おばさんパーマをかけに、ちょっと近くの『バーバー よしみ』へ……。

引き止めるバジル
忠告バジル

「あそこはやめた方がいいにゃ」

えっ!?

「バジルは知ってるのにゃ。あそこのマスター『ヨシミ・ロドリゲス』は じつは……」

あ。MPがない。宿屋で ひと休みでもしてくるか。野宿はゴメンだ。
なぜって、雑草ごはんの味はそりゃあもう最悪だしな……。

『ヨシミ・ロドリゲス』を知るバジル

ほどよく画像が尽きたので、終わりです。ありがとうございました!

2014.01.13(成人の日)